image

西と東の節句

今週末3月3日はひなまつり

女の子がいるというご家庭では、おいしい食事と雛人形でお祝いするのを楽しみにしているかもしれませんね

image

そんなひなまつりに欠かせないお菓子のひとつ「ひなあられ」

この時期が近づくとスーパーなどにもたくさん並ぶ定番商品ですが

そんなひなあられの由来や、東と西でかなり違う食べ物だということはご存知でしょうか?

まずはひなあられはどのようにして誕生したのでしょうか

ひなあられが食べられるようになったのは、江戸時代に流行したという「雛の国見せ」という行事が関係しているといわれています

「雛の国見せ」とは、部屋に飾られているひな人形を野外に連れ出して、春の景色を見せてあげるという風習なのですが

その際に菱餅を屋外でも食べられるように小さく砕いて持っていったのがひなあられのはじまりなんだとか

それを踏まえると、菱餅の色とひなあられの色の組み合わせが同じだということに納得がいきます

ちなみにひなあられの白は新雪を、緑は新芽を、桃は生命を表していると言われています

そして関東と関西で形状が異なるひなあられ

ご存知でしたか?

関東は米粒大のあられで、諸説はありますが江戸で流行した「爆米」というもち米を爆ぜさせた菓子や、うるち米を爆ぜさせるポン菓子をもとに作られます

image

食感は軽く

味は甘いのが特徴

一方関西のひなあられは、直径1cm程度でボールのように丸い菓子です
菱餅を砕き、炒って作ります

image

関東のひなあられよりも食感は硬め

味も醤油や海老などの甘さよりはしょっぱい味付け

ひなあられの由来となったお菓子も菱餅を砕いて作るので、ひなあられは関西発祥だと考える方も多いようです

ひなあられと並ぶひな祭りのお菓子、菱餅を揚げて作る関西風ひなあられです

菱餅にあらかじめ色がついているので、着色の手間がいりませんね

普段は購入しているひなあられも

ご自身で手作りしてみるのもいいかもしれませんね

minami

オステラ製品は、美容師さんと共同開発した美容室専売品です。
行きつけの美容室でお取り扱いがない場合は、こちらからご購入できます。

オステラ ショップ 》で検索
または、http://shop.austere.co.jp/

詳しい製品情報はこちらから
http://www.austere.co.jp/

-スタッフのつぶやき, ブログ