image

アイス♪何食べる?

2016/07/23

アイスを食べても太らない!?

女性が大好きなアイス♪

アイスを食べたら太ると思いますか?
それとも太らないと思いますか?

太っちゃうな〜と思いながら食べずにはいられないなんて時もありますよね!?

食べる時間やどんな時に食べるかにもよりますが、ちょっとしたコツでこれからアイスを食べても罪悪感がグンと減るかも!?

まず、『アイス』には種類があります

アイスクリーム
アイスミルク
ラクトアイス

この分類、知っていましたか?
細かく説明をしますと、

アイスクリーム
乳固形分15.0%以上、乳脂肪分8.0%以上のもの。100gあたり180kcal
商品例:ハーゲンダッツ ピノ パルム

image

アイスミルク
乳固形分10.0%以上、乳脂肪分3.0%以上のもの。100gあたり167kcal
商品例:雪見だいふく チョコモナカジャンボ 牧場しぼり

image

ラクトアイス
乳固形分3.0%以上のもの。100gあたり244kcal

image

(http://www.lotte.co.jp/sp/products/brand/soh/)

商品例:エッセルスーパーカップ 爽 クーリッシュ 白くま
★乳固形分は少ないが風味を出すため植物性油脂が使われてるものも多数

こんな感じ。ラクトアイスって実はカロリーが高いんです。表示の名前だけではわからないことってありますよね…

氷菓

乳固形分3.0%未満のもの。1個分約78~120kcal前後

商品例:ガリガリ君 ICEBOX シャビィ

実は氷菓(シャーベット、ソルベ、アイスキャンディ)はアイスとは分けて考えられ、氷菓に分類されます。

 

image

 

ソフトクリームは??ソフトクリームはコーンがあるからおいしいのですが・・・

カロリーを気にするとカップで食べた方がカロリーが低くなります。

薄い感じのコーンで約50kcal

image

ワッフルコーンはなんと約100kcalもあることも!!image
ちなみに、食べる時間も15時〜18時までがベスト!1日の中で体温が高い時間なんだそうです!!

以上のことを踏まえると好きなアイスを食べたいとき、食べるタイミングや時間に合わせて選ぶことができそうですね♪カロリー高めのアイスクリームなどは小さめのものにする、ダイエット中だという方は氷菓にするなど自分に合ったアイスをおいしく食べたいですね☆

(資料 http://www.otona-beauty.com)

普段商品をカゴに入れるとき、成分表示を一つひとつじっくりと見て買うことは中々ありませんよね?
それは食品でも日用品でも同じこと。

では、シャンプーは??
ほとんどの方が毎日、人によってはこの時期は1日に2回シャワーを浴びたりシャンプーしているかもしれません。

洗いすぎは良くないなんてことも聞いたことはあるかもしれません。
市販のシャンプーも様々な種類がありシャンプーを選ぶ基準はそれぞれ違うと思います。よく泡立ってサッパリした気分になるのはよくわかります、しかし!もしそれが頭皮の余計な脂まで奪ってしまっていたら…!?

乾燥の原因や時間が経つと頭皮の脂っぽさが気になっていた方はさらに脂が出てしまう原因になるかも。。
髪の毛からは水分が奪われたまま、コンディショナーやトリートメントをしても表面をコーティングしている状態で髪の毛の内側は悲鳴を上げてしまいます(T_T)

ロッカンヘアケアシリーズは、成分にこだわり年齢とともに変化し、出てくる悩みに少しでも寄り添えるよう何度も何度も試行錯誤をし誕生しました。

シャンプーを流した後の手触りで潤いがわかった時、その感触がクセになると思います♪
通常、髪の毛は濡れるとキューティクルが開きます。そこへシャンプーをしてトリートメントをしてもただ蓋をしているだけになってしまうんです。ロッカンのシャンプーは、キューティクルをほぼ閉じた状態にすることができます。

さらにアロエベラエキスやリンゴ果実培養エキス、プラセンタ、シルク・プラチナ、スクワランなど女性が欲しいものを沢山詰め込んでいます♡

よくばりな成分を使用していても、あたりまえに使っていただきたい

たくさんの方に愛されることを願って☆

洗面台

minami

オステラ製品は、美容師さんと共同開発した美容室専売品です。
行きつけの美容室でお取り扱いがない場合は、こちらからご購入できます。

オステラ ショップ 》で検索
または、http://shop.austere.co.jp/

詳しい製品情報はこちらから
http://www.austere.co.jp/

-スタッフのつぶやき, ブログ, 髪の毛のお勉強