洗面台

最近、クセ毛になったかな?

2016/06/21

出産してから、

体型の変化以上にショックだったことがあります

 

明らかに毛量が減ったとかんじました

出産後はカラダがボロボロになる

とは聞いていましたが

毎晩お風呂で髪を洗ったあと

手のひらに残る抜け毛の量にゾっとしました

 

産後しばらくして

抜け毛の量は少し落ち着きはじめました

でも今度は

髪質の変化に悩まされたんです(/_;)

 

『わたしの髪って

  こんなにウネウネしていたかな?』

 

ドライヤーでブローしても、

まとめるのが大変…

 

もともとは、

わりとストレートの髪だったので

ブローでこんなに時間がかかってなかったような…

 

ヘアサロンでパーマをかけるときに

担当の美容師さんから、

少しかかりずらいタイプかも

というような会話をした覚えもあります

 

同じような経験をされた方も多いですよね

でもそれは、年齢を重ねたから仕方ないのかな?

と思っていました

でもなぜ??ちゃんと理由がありました

 

髪が伸びるためには?

髪の毛は、そのほとんどがケラチンたんぱく質でできています

毛母細胞という髪の毛のもとになる細胞があって

その細胞がアミノ酸などの栄養分をため込んで分裂していき

最後には死んだ細胞になって髪になります

 

髪がつくられたり

伸びていくには

もとになる細胞に十分な栄養が行き届く必要があるんです

 

カラダも髪も、育っていくには栄養が必要。

それはなんとなくイメージができますね☺

 

バトンタッチしていくリレー方式

 

メンバーを紹介します

「毛球部」と、そこにある「毛細血管」「毛乳頭」です

髪の毛をプチッと抜くと、根元の先がすこし膨らんでいます

それが毛球で、その内部に毛乳頭があるのです

ロッカン細胞

①毛球のまわりに張り巡る毛細血管

髪のもとになるアミノ酸などの栄養を運んでいきます

 

毛乳頭は毛細血管から栄養分を吸収!

 

毛母細胞へバトンタッチ!

毛母細胞は栄養分をもらって細胞分裂し、

髪の毛になっていきます

 

なので、ここでいう第一走者の毛細血管

バトン=栄養分を運んでくるため

とても重要なポジションなんです

 

でも、

加齢とともに毛細血管は細くなり

数も減ってしまうため、

十分な栄養を運べなくなってしまうのです…。

 

栄養が行き届かないと、ウネウネの原因に

 

毛細血管が細くなると

毛乳頭も十分な栄養を吸収できなくなって

毛母細胞にバトンを渡せません。

 

栄養をもらえなくなった毛母細胞は

分裂がうまく行えなくなります

 

その結果、1本の毛のなかで

密度が高く水を弾く部分と

度が低く水を吸いやすい部分が

偏ってできて不均一な状態になり

水や湿気の影響で、

うねるなどのクセができやすくなるんです

 

雨の日は外に出るのが嫌になってしまう髪の広がりやクセ

その原因のひとつは加齢によるものでした

 

そして

年齢を重ねれば

経験とともに悩みも、そのぶん希望も増えます

そんな世代の人たちに自信をもって薦められる

大人のロッカンが誕生しました

№06canシリーズです

 

秘密3-last

 

 

年齢を重ねたからこそでてくる悩みにも

どんな髪質の人でも

理想の髪質に仕上げます

 

ぜひお試しください☆

 

 

(参考文献;TOMOTOMO)

kusa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ, 髪の毛のお勉強