ロッカン髪の毛

濡れたままはダメ!

2016/06/21

お風呂から上がった後、体を拭いて化粧水をつけてその後はどうしてますか?

髪の毛はすぐに乾かしていますか?

それともタオルドライ乾かさずに放置していますか?

タオルドライのみで濡れた髪を放置している方は要注意です!!

濡れた状態で寝ると枕などの摩擦でキューティクルがはがれてしまいます。

更に頭皮の雑菌も繁殖しやすくなってしまうのです!

11

では、どのように髪を乾かせば効率がよいのか。

まずは面倒がらずにきちんとタオルドライをしましょう。

・指の腹で頭皮をモミモミします

その後は髪の毛を上から順に束でつかみながら毛先へ向かって水分をとっていきます。

しっかりとタオルドライをすることでドライヤーの時間も短縮できます。

次にドライヤー。

・ドライヤーを当てるのは必ず上から!

キューティクルを守りましょう。

・15~20センチは離してドライヤーを当てる

髪の毛は熱に弱いので髪に届く熱を少しでも低くさせるためです。

・前髪から攻めましょう

乾かすときは必ず根本から。ここがポイントです!!

・頭皮の方から乾かすために、髪の毛の根本を持ち上げて前から後ろへ。

なぜ頭皮から乾かすのかというと髪の毛は根本から乾かすと乾くのが早くなるからです。

美容院でも根本から乾かしていきますよね。

・根本が乾いてきたら徐々に毛先へ向かってドライヤーを当てます

 

もうすでにやっているよ!という方も多いかもしれません。

もし、濡れたまま寝ている方がいるのなら頭皮と髪の毛を守るために是非試して頂きたいです!

ロッカンシリーズを使った後で・・・♡

あなただけの第六感 どうぞ感じてもらえますように… 願いをこめて

minami

-ブログ, ロッカンのひみつ, 髪の毛のお勉強